給食について

1)食育目標

  • 彩り豊かな給食とし、様々な味の体験をすることで食べる喜びを育てます。
  • 様々な食育活動を行い、食に対する「興味」「関心」を育てます。
  • それぞれの月齢や年齢にあった食事を提供し、食体験を育てます。

 

2)栄養摂取量について

子ども一日の栄養所要量のうち家庭で50~60%食べられているものと考え、保育園では昼食・おやつと合わせて45~50%を摂る事ができるように献立を考えています。3歳未満児は約53%、3歳以上児は約45%(エネルギー・蛋白質・脂質以外は50%)を目安に提供します。

子どもの成長に必要なビタミン・ミネラルについては家庭で摂ることが難しく、不足しがちになるため、50%を保育園で摂れるように努めています。

                        

◎年齢による栄養摂取量の比較表

0・1・2歳児

 

3)アレルギーについて

食物アレルギーと医師に診断され、特定の食品(乳、卵、小麦など…)が食べられず、保育園での対応を希望される方は、別途書類を園に提出して頂きます。詳細は保育士までご相談ください。

 

4)食育について

食育計画をもとに、日々の保育を通じて、年齢にあった食習慣を身につけます。

また、野菜の栽培や収穫など、食に関わる体験をできるようにしていきます。

 

5)離乳食について

 

月齢 (ゴックン期) (モグモグ期) (カミカミ期) (パクパク期)
  6ヶ月頃 7~8ヶ月 9~11ヶ月 12~18ヶ月
離乳食の回数 1回食 2回食 3回食 3回食
午前おやつ ミルク

ミルク

お茶

おやつ

ミルク

お茶

おやつ

ミルクまたは

牛乳・お茶

おやつ

(1歳を目安に

牛乳に切り替えて

いきます)

昼食 ~月齢に応じたメニューを提供~
食事の割合 ミルクが中心 1日の約1/3 1日の約2/3 離乳食(食事)が中心
食後のミルク ~200cc 100cc~150cc 100cc~少しずつ減らしていく お茶・白湯
午後おやつ ミルク

ミルク・お茶

果物・手作りおやつ

ミルクまたは牛乳・お茶

手作りおやつ

調理形態 ドロドロ

舌でつぶせる硬さ

歯ぐきでつぶせる硬さ

歯ぐきで噛める硬さ

ご飯の形態 おかゆ

おかゆ

おかゆ→軟飯へ

軟飯→ご飯へ

【注意事項】

  • 上記の表は保育園提供目安です。食べ具合、個人差に応じて担任、栄養士と話し合い、離乳食に対応していきます。
  • 食品摂取状況調査票を基に、ご家庭で食べた食材を園で提供します。
  • はちみつ、黒糖は乳児性ポツリヌス病予防のため、満1歳までは摂取しないようにしましょう。
  • 園での粉ミルクはビーンスタークのすこやかになります。

給食献立表

名前 更新日
ファイル・フォルダがありません。